日本の高速鉄道と軌間

日本の高速鉄道と軌間

日本で使われる軌間

日本で鉄道を建設するときには、レールは1067mmの狭い軌間が使われることが多いです。これは国鉄が鉄道導入時に決めた軌間であり、私鉄などでよく採用されます。ただし関西の私鉄では、世界標準の1435mmを使うことが多いです。関西では国鉄と併走する部分も多いので、これが1つ理由になっています。

軌間は、1435mmを標準軌といい、その幅よりも狭いものを狭軌、広いものを広軌と言います。日本では、762mm、1067mm、1372mm、1435mmという4つの軌間が使われており、一番狭い762mはナローゲージといいます。ナローゲージは1960年代までは盛んに使われましたが、現在は、四日市あすなろう鉄道、三岐鉄道北勢線この2つの路線でのみ使われています。

新しく鉄道を運行しレールを敷くときは、既存の路線の軌間に合わせるのが一般的になっています。東京では、そのためにほとんどの路線で1067mmを使っています。しかし最初の地下鉄では1435mmを、京急でも同じく1435mmを使用します。さらに新宿線は1372mmなので、東京では3つの軌間のレールがあります。ちなみに1372mmの軌間は、日本でのみ2路線だけで使われており、これは馬車鉄道の軌間だったものを、電車路線にも導入しました。